ボンボン星人を作ってみた


ボンボンで可愛い宇宙人?を作ってみました。

用意するもの

● フェルト
● モール
● 毛糸
● ボンボンメーカー
● ぬいぐるみ用の目玉ボタン
● ボンド
● 手芸用ハサミ

フェルト・モール・毛糸・ボンボンメーカーは100均で購入しました。
ぬいぐるみ用の目玉ボタンは手芸用品店で手に入ると思います。
ボンドは布に対応したものなら木工用でも手芸用でも大丈夫だと思います。
今回は並太の毛糸直径8cmのボンボンメーカー、そして12mmの目玉ボタンを使いました。


 作り方


1.ボンボンメーカーに毛糸を巻き始める


端から端へ、なるべく均等に巻いていきます。

2.片方巻き終わり

半月の形に近くなってきたら巻き終わりです。
片方巻き終わったら毛糸を切って、また反対側も巻いていきます。

3.両方巻き終わり

巻き終わったら毛糸を切っておきます。
見た感じ、両方とも同じくらいの量が巻けていれば良いと思います。
ボンボンメーカーのストッパーを掛けておきましょう。

4.ハサミで切る

真ん中をハサミで切ります。
結構力がいると思うので、ハサミの扱いに気を付けて、少しずつ切っていきましょう。

5.切り終わり

ハサミで切り終わった状態です。
まだボサボサですね。

6.毛糸で結ぶ

ボンボンメーカー本体の穴から毛糸を入れてきつめにしっかりと固結びします。
私は1回固結びしたあと、もう一度くるっと巻いて2回目の固結びをしています。
なんとなく丈夫になる気がします。

7.ボンボンメーカーを外す

ちょっと外しにくいですが、丁寧に外しましょう。
外したばっかりはボサボサでいびつです。
これからハサミで整えますが、その前に少し手で形を丸く整えておくと良いです。

8.ハサミで形を整える

どこから見ても丸くなるように、ボンボンを手でくるくると回しながらハサミで整えていきます。
どこまで切るかは人によると思いますが、私はだいたい、出来立てからひとまわり小さくなるくらいでやめます。

9.目を接着する位置を決める

とりあえず目を配置してみて、接着する位置を決めます。

10.目玉ボタンにボンドを付ける

ある程度の量を付けた方がしっかりくっつきます。

11.目玉を付ける位置の毛糸を広げておく

目玉を付ける位置の毛糸をかき分けて、目玉を付けやすくしておきます。

12.目玉を付ける

11でかき分けておいた位置に、ボンドの付いた目玉ボタンをぎゅっ、と付けます。
もう片方の目玉も同様に付けておきます。

13.フェルトを切る

フェルトを足の形(楕円)に切ります。
多少いびつになっても、それは愛嬌というやつです。

14.フェルトにボンドを付ける

目玉ボタン同様、ある程度の量を付けた方がしっかりくっつきます。

15.フェルトにボンボンをくっつける

フェルトとボンボンをぎゅっとくっつけます。

16.モールを切る

ボンボン星人の手になるモールです。
お好みの長さに切ったものを2本用意します。
最初は長めに切っておき、1度ボンボンに差し込んで全体をみてから、好きな長さに調節すると良いかと思います。

17.モールにボンドをつけ、ボンボンに差し込み、完成!

モールの先にボンドをつけ、手を付けたい位置にぐっと差し込んだら完成です!

出来立てはまだボンドがしっかりくっついていないので、あんまり動かさない方が良いです。
ボンドにもよりますが、一日も経てばしっかりくっついていると思います。

また、ボンドの匂いが結構臭いと思うので、部屋を換気しておくことをおすすめします。



直径8cmのボンボンメーカーで作ると手のひらサイズで可愛いです。
目玉ボタンはあまり小さいサイズが無いと思うので、ボンボンメーカーも8cm以上くらいのものを使うとちょうど良いかな?と思います。

目玉をつけた段階のものでも十分可愛いですし、目玉と足だけの段階でもこれまた可愛いです。
なので、自分の好みの段階で完成にするのも有りだと思います。

今回は、なんとなくフェルトの足が取れやすそうなので、カバン等につけるのには向かないかも?と思い、結んだ毛糸は切ってしまいました。
カバン等にもつけやすそうなボンボン星人も、今後考えてみたいと思います!

スポンサーリンク