ジェリーゼリーブログ

2022年12月24日(土)

【週刊近況報告】好きなポケモン全サイズ集めたい

 メリークリスマーーース!最近私が触れたゲームや本について好きなだけ語る【週刊近況報告】のコーナーです!!
 今回の内容は、『ポケットモンスター バイオレット』の感想、『メタ倫理学入門』の感想です。


●最近やったゲームの感想
 『ポケットモンスター バイオレット』任天堂

 ポケモンSV、まだまだ楽しんでます!!よって今週もプレイ日記の箇条書きです!!ネタバレへの配慮はありません!!!要注意!!!

・ノノクラゲが好きすぎて全サイズ集めたい………!!!となりまして、サンドイッチで「でかでかパワーLv3」などを発動させて、ひたすらオコゲ林道でノノクラゲを捕まえるなどしておりました…。何回か挑みましたが最大サイズと最小サイズが手に入らない……!!!ついでに「かがやきパワー」も発動させてるけど、色違いも見つからない……!!!

・というかノノクラゲに限らず、好きなポケモンは全サイズ集めたい……!!!最大最小入り乱れた凸凹ピクニックしたい……!!くぅ…!!ポケモンが終わらない……!!!

・ところでノノクラゲを捕まえまくった結果、オコゲ林道のノノクラゲの生態がちょっと分かったので聞いてください。ノノクラゲは基本的に木の根元に群れていて、プレイヤーが近付くと逃げるのですが、リククラゲを含んだ群れの場合は草原で見かけることも多く、プレイヤーが近付いても逃げにくいです。リククラゲがいることで強気になっていると思うとめちゃくちゃ可愛い。稀に単独行動していますが、近付いても逃げない場合、それはノノクラゲではなくノノクラゲに変身したゾロアークの可能性が高いです。本物のノノクラゲが単独行動している場合、プレイヤーが近付けば十中八九逃げます。気が弱く臆病な生き物です。可愛い……!!!!

・そういえばポケモンのサンドイッチに影響されて、ピーナッツクリームとバナナを挟んだサンドイッチとか、チーズとスモークサーモンを挟んだサンドイッチとか、実際に現実で作って食べました。うまい!!おいしい!!ありがとうポケモン!!!

準伝説ポケモン全員ゲットしました。杭の場所は全部自力で見つけたかったんですが、だんだん面倒になってきて、結局攻略サイトで調べてしまいました。自分の心の弱さが…にくい…!!!

パオジアンを捕獲する際に、捕獲要員のノノさん(リククラゲ)が瀕死にさせられて、むきーーーー!!ってなりました。でもパオジアン可愛いなぁ、にょろにょろしてて…。準伝説の中で一番好きかも…。

・ようやくネモ・ボタン・ペパーの後日談を見ました。ペパーのメンタルが強すぎて逆に心配になりました。だって父親の死が発覚したばっかりなのに…。空元気…なのだろうか?

【ゲーム情報】
『『ポケットモンスター バイオレット』機種:Nintendo Switch / 販売元:任天堂 / 開発元:ゲームフリーク / 発売年:2022


●最近読んだ本の感想
 『メタ倫理学入門』佐藤 岳詩

 「道徳って何?道徳って実在するの?道徳的な問いに答えはあるの?そもそも道徳的に生きる理由ってあるの??」
 そんな疑問について、突き詰めて考えていくのが「メタ倫理学」だそうです。倫理学なんて普通に生きてる分にはあんまり関係ない学問だわ~と思っていましたが、案外そんなこともないもんだな~と思いました。道徳は生き方全体にかかわるものなんですね~。
 この本では、メタ倫理学に関する様々な意見・派閥を、その内容や問題点について詳しく解説しています。いろいろな考え方がどわーーーっと紹介されているので、1回通読しただけでは正直頭が混乱してきますが、でもなんとなく自分の考え方はこの意見に近いのかな~っていうものは分かってきた気がします。
 自分に近い意見だけでなく、相反する意見についても詳しく知ることによって、いろいろな考え方を知ることができ、世界の捉え方が広がるような気がしました。この本の終わりにもありましたが、他の人がどんなメタ倫理学的な前提をもって生きているのか?ということを考えてみると、自分との違い、相容れない理由、この人がこんなに怒っている理由、などが理解しやすくなる気がしますね。そうなると、ちょっとだけ生きやすくなる…気がします。
 道徳のそもそもを問うことは、自分の生き方を問い直すことでもあります。今信じている「道徳に対する考え方」が絶対的に正しいわけではないかもしれない………と、ちょっと疑問をもって立ち止まって考えてみるのも、案外人生に必要なことかもしれないな~と思いました。

【書誌情報】
『メタ倫理学入門 道徳のそもそもを考える』著者:佐藤 岳詩 / 出版社:勁草書房 / 発売年:2017

▲上に戻る


カテゴリ:週刊近況報告/ゲームの感想リスト/読んだ本の感想リスト