ジェリーゼリーブログ

2022年5月28日

【週刊近況報告】音ゲーとか、ファンタジー小説とか

 こんにちは!最近私が触れたゲームや本について好きなだけ語る【週刊近況報告】のコーナーです。毎週土曜前後に更新予定です。
 今回の内容は、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の感想、『数の女王』の感想、等です。


●最近やったゲームの感想
 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』セガ

 同じくセガの「初音ミク Project DIVA」シリーズは大好きで結構プレイしていたのですが、このプロセカはリズムゲームのシステムがDIVAシリーズと全然違ったり、ボーカロイドよりもオリジナルの人間キャラクターがメインっぽかったり、私のスマホが低スペックなので動く自信がなかったり、といった理由でずっとスルーしていました。
 「でも食わず嫌いはダメだよな~リンちゃん出るし」と最近思い始め、先週の終わりにダウンロードしてプレイし始めたんですが………た、楽しい……!私の低スペックスマホ(RAMのメモリが3GB)でもそれなりにちゃんと動く…!3DMVでリズムゲームをするとさすがにちょっとカクつくけど、2DMVくらいならなんとかプレイできる!そしてリンちゃん可愛い!!!リンちゃん可愛い!!!!!!!(※私はリンちゃんがとてもめちゃくちゃものすごく大好きです)
 曲自体も良いです。ボカロの人気曲はもちろん、プロセカのオリジナル楽曲も結構良い感じ。特にカップヌードルコラボの『徳川カップヌードル禁止令』が最高!!ノリの良い音楽、バカ全開の突き抜けたMVと歌詞、そしていい感じの譜面!!私はリズムゲーム下手くそ勢なのでHARDをクリアするのがやっとですが、楽しすぎてこの曲ばっかりプレイしています。
 あと、オリジナルの人間キャラクター達が繰り広げるストーリーも結構良いです。まだメインストーリーは「MORE MORE JUMP!」と「ワンダーランズ×ショウタイム」しか最後まで読めていないんですけど、キャラクターがみんな個性的かつ嫌味がない感じで、結構愛着がわいて、応援したくなってきました。彼ら人間キャラクター達はみんな「ボーカロイド」という存在をもともと知っていてバーチャルシンガーとして親しんでいる、という点で、ボカロが好きなプレイヤーと共通点があるからか、共感しやすいというか…親しみやすい気がします。LIVE 2Dによるアニメーションも、ボイスと連動してる感じがすごく良いなぁと思います。
 とりあえず、これからもリズムゲームで好きな楽曲を楽しみつつ、ストーリーもどんどん読んでいきたいなぁと思っています!

【ゲーム情報】
『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』機種:Android / 発売元:セガ / 開発元:セガ、Colorful Palette / 発売年:2020(サービス開始年)


●最近読んだ本の感想
 『数の女王』川添 愛

 数が持つ数学的な意味(素数だとか合成数だとか)が魔術的な力を持つという独特なファンタジー世界が舞台の小説です。読みごたえがあって面白かった!
 とにかく世界設定がものすごく面白くて、刃の数だとか、宝玉の数だとか、マティルデのキャラクター設定だとか、いろんな事実が判明するたびに、毎回「なるほどーー!!そう繋げてくるのかーー!!」と興奮しまくってました。この世界が舞台のゲームとか作ったらすごく面白そう。
 また、数やアルゴリズムがテーマである一方で、人間の持つ「恐怖」や「憎しみ」といった強い感情とその克服の過程が丁寧に描かれています。数学的な世界観と人間的な物語がとてもうまく融合している作品だと思いました。かなりオススメの小説です!

【書誌情報】
『数の女王』著者:川添 愛 / 出版社:東京書籍 / 発売年:2019


●最近の創作活動
 「AIうるた」「ミニゲーム」

 先週に引き続き「AIうるた」と「タイトル未定のちょっとしたミニゲーム」を完成させるべく、ちまちま作業しておりました。(AIうるたの概要は こちらの記事 に書いてあります。)
 「AIうるた」は日本語データベースの構造をいろいろ考え出して、整理している所です。「ちょっとしたミニゲーム」の方は画像の用意を進めています。
 どちらもちょっとずつですが前進している気がするなぁといった感じです。

▲上に戻る

※2022/7/22 ゲーム情報欄に開発元の表記を追加しました。
※2022/9/3 最近の創作活動にタイトル見出しを追加しました。


カテゴリ:週刊近況報告/ゲームの感想リスト/読んだ本の感想リスト