ジェリーゼリーブログ

2022年5月7日

【週刊近況報告】最近ミステリにハマってます

 お久しぶりです!あまりにもサイトやブログを更新していないので、定期的に近況報告をするために【週刊近況報告】という場を設ける事にしました。毎週土曜前後に更新する予定です。基本的には、自分が最近触れたゲームや本について、好きなだけ語る場になる予定です。
 今回の内容は、『AI:ソムニウムファイル』の感想、『寝台特急殺人事件』の感想、等です。


●最近やったゲームの感想
 『AI:ソムニウムファイル』スパイク・チュンソフト

 前から気になっていたので、ゴールデンウィークのセールで購入しました。
 21時間くらいプレイして、既にクリア済みです。
 殺人事件を捜査するミステリー系のアドベンチャーゲームですが、特徴的なのは、対象者の夢の中に入って捜査する「ソムニウムパート」ですね。常識が通用しない不可解な夢の中での捜査は、難しい部分もありますが、ああ夢ってこんな感じかも~と楽しくプレイできました。夢好きな方は是非とも要チェックなゲームです。
 あと主人公のキャラクターが思っていたよりもずっとコミカルで、他のキャラクターとの掛け合いがめちゃくちゃ面白かったです!ぱっと見はクールな印象のゲームに見えますが、蓋を開けて見ればギャグ要素も結構ある親しみやすいゲームでした。
 シナリオも面白かったです!続きが気になるあまり、久しぶりにゲームで徹夜しました。全体的にかなり楽しくプレイできたので、良作のゲームだと思います。おすすめ!
 ※グロ要素が結構あるので、苦手な方はご注意ください。

【ゲーム情報】
『AI:ソムニウム ファイル』機種:Nintendo Switch / 発売元:スパイク・チュンソフト / 発売年:2019


●最近読んだ本の感想
 『寝台特急殺人事件』西村京太郎

 最近、推理小説とかミステリーにハマっています。今まであんまり読んでこなかったジャンルなので、名作でも読んでないものがいっぱいあります。今回読んだ『寝台特急殺人事件』もそんな名作の1つだと思います。
 感想は…とにかく面白かった!それなりに分厚めの本ですが、真相がなかなか分からない!!続きが気になる!!で、どんどん読み進めてあっという間に読み終わりました。
 寝台列車の旅情感あふれる描写も良かったですね~。寝台列車って乗ったことないんですけど、なんか良いよね~素敵だわ~と思えました。
 読後感は…うーん…超絶すっきり爽やかエンド!ではなく、ちょっとモヤ…としました。ただ、他の西村京太郎作品も数冊読みましたが、全体的にそういう終わり方が多かったので、それがこの作家さんの持ち味なのかもしれないですね。

【書誌情報】
『寝台特急殺人事件』著者:西村京太郎 / 出版社:光文社 / 発売年:2009(底本:1984)


●最近のお気に入り
 CD『賢者のプロペラ』平沢進

 聴くと頭痛が治るという謎の都市伝説(?)がある「賢者のプロペラ-1」が収録された、アルバムCDです。全10曲入り。
 以前頭痛に悩んでいた時に「賢者のプロペラ-1」を聴いて、頭痛が治ったり治らなかったりしましたが、それはそれとしてコレ良い曲やん…となって、CDを購入しました。
 通常話題になるのはこのCDの1曲目「賢者のプロペラ-1」ですが、最後の「賢者のプロペラ-2」も優しく暖かく、包み込まれる感じの曲で、とても好きです。
 10曲とも名曲で、全体を通して聴くと、なんとなく幻想的で落ち着いた気分になります。特に好きなのは「ルベド(赤化)」「ニグレド(黒化)」「作業(愚者の薔薇園)」です。特に「作業(愚者の薔薇園)」は謎の言語の謎のメロディーが耳に残る(笑)
 民族音楽っぽかったり、テクノっぽかったり、幻想的だったり、色々魅力的な曲が詰まったCDなので、最近よく全体をリピート再生しています。「賢者のプロペラ-1」が好きな人には、頭痛が治るとか治らないとか関係なくおすすめできる1枚です。


●最近公開したものについて
 「おとトイにゃんこ」【公開ページ】

 最近っつーか3月の終わりですけど、唐突に公開した作曲ツール「おとトイにゃんこ」について、なんか軽く書いとこうかなーと思います。えーと…なんか…簡単に…数分で作曲できるツールが欲しいなぁ~~ついでにライセンスとか使用許諾とか何にも気にしなくていい気楽なツールが欲しいなぁ~~欲しいよぉ~~と思って数か月くらいかけて作ったツールなんですけども。ええ、まあ、使いにくいですよね実際。なんでってそりゃ、使いやすい音が入ってないですもんね。ライセンスとか使用許諾とか気にしたくないから全部自前で音を準備したんですけど、自前で準備すると使いやすい音が何一つ揃いませんでしたね。これからもうちょい使いやすい音を増やしていけたら、ちょっとはマシなツールになるんじゃないかなぁと思いますが、どうなることやらです。


●最近の創作活動
 「AIうるた」

 私がゲーム製作する中で、好きな作業と嫌いな作業ってなんだろうな~と思って分析した結果、次のようになりました。

 ・一番好きなこと → プログラムを書くこと
 ・一番嫌いなこと → シナリオや台詞を書くこと

 そんで、一番好きなことで一番嫌いなことを補えないかな~と思って、「自分で考えて自分で発言とかしてくれるAI」を開発しようとしています。わしはシナリオとか台詞の作成の大部分をAIに任せたいんや…。

 具体的にはまあ…あんまり進んでないんですけど、日本語をベースに思考演算を行なうことができるデータベース&プログラムを構築すれば、目的が達成できるんではないかな~と思って水面下でちまちま作業中です。

 どう考えてもゲームを作るうえで無駄に遠回りをしている気がしますが、もしこのプロジェクトが成功したら、自動で簡単にシナリオとか台詞とかわんさか作ってゲームを大量生産できるようになるはずなんだい!!!

 ちなみにプロジェクト名はとりあえず「AIうるた」としています。「うるた」は中学時代に私が作った人工無能チャットのキャラクター名を流用しています。

▲上に戻る


カテゴリ:週刊近況報告/いろいろ製作