ジェリーゼリーブログ

2020年1月17日

ティラノスクリプト用のスプライトアニメーションプラグイン作りました

 以前、ティラノスクリプト公式サイトのプラグインページにスプライトアニメのプラグインがあった気がしたのですが、今日探しても見つからなかったので自分で作りました。配布もしてるので必要な方は使ってみてください。

 →ダウンロードする

■導入方法
 ダウンロードしたZIPを全て展開して、中に入っているspriteフォルダをコピーして、プラグインを導入したいティラノスクリプトのdata/others/pluginフォルダの中にペーストしてください。
 first.ksとかに[plugin name="sprite"]と書くと、プラグインの導入は完了です。

■[sprite]タグ
 プラグインを導入すると[sprite]タグが追加されます。パラメータは以下の通りです。
 必須パラメータはspriteだけですが、基本的に★のパラメータは設定することを推奨します。

パラメータ   説明
sprite 必須です。スプライト名を入力します。nameと同様にCSSクラス名を設定しますが、「,」で複数設定はできません。(例:"spriteA")
storage スプライト画像名です。(例:"test.png")
folder スプライト画像のフォルダです。デフォルトはimageフォルダです。(例:"fgimage")
layer 通常のimageタグと同じです。
name 通常のimageタグと同じです。
page 通常のimageタグと同じです。
left 通常のimageタグと同じです。
top 通常のimageタグと同じです。
x 通常のimageタグと同じです。
y 通常のimageタグと同じです。
zindex 通常のimageタグと同じです。
pos 通常のimageタグと同じです。
width 1コマの横幅です。(例:120)
height 1コマの縦幅です。(例:120)
allwidth スプライト画像全体の横幅です。(例:600)
coma コマの数です。(例:5)
repeat 繰り返し設定です。数値かinfiniteで設定します。デフォルトはinfiniteです。(例:1)
time アニメーションにかける秒数です。(例:0.5)←この例だと0.5秒になります。
scaleX 拡大率(X)です。(例:2)
scaleY 拡大率(Y)です。(例:2)
rotate 回転角度です。(例:45)
skewX 傾き(X)です。(例:45)
skewY 傾き(Y)です。(例:45)

 spriteタグの使用例:[sprite sprite="spriteA" name="test,sub" storage="test.png" layer=0 x=100 y=10 width=120 height=120 allwidth=600 coma=5 time=0.4]

■使用上の注意点
 ・スプライト画像は横1列のもののみ使用可能です。
 ・「spriteImg」というCSSクラスを作成するので、このプラグインを導入したプロジェクトではnameやspriteのパラメータに「spriteImg」という設定をしないようにしてください。バグの元になります。
 ・「tf.sprite_plugin_name」という変数を作成するので、同名の変数の作成・使用はしないようにしてください。バグの元になります。

■作成時のティラノスクリプトのバージョン
 ・Ver475b(ティラノスクリプトfor Windowsアプリケーション)


カテゴリ:製作者向け情報/ティラノスクリプト関係